umi1.jpg

「〇〇な世界を創ろう!ペーパークラフト」

ねらい
・紙の特質を知り、工夫しながら立体を構成していく。
・楽しみながらイメージを形に表し、友達と協力して制作する。

今日は白い紙だけで面白いことをするよ~と伝え、
まずはインスピレーションを刺激すべく
錯視芸術の巨匠、エッシャーやロイテルスバルドの作品を見てもらいました。

みんな「うわーこんなん見たことない!」「お城みたい!」と興味深々。

そこで紙の立体工作で、
「今までみたことのない世界を創ろう!」と
基礎的な立体の構成と切り込み方を伝えました。

umi12.jpg umi13.jpg
みんな集中して、四角柱にドアや窓、面白い穴などをつけていきます。

「先生絵を描きたいんだけど、鉛筆使っていい?」
『NONONOー!今日は紙だけで作るから、鉛筆で描きたいものも、紙で表現してね!』
工夫してもらいましょう!

umi2.jpg
いろんな形の扉や、ハートや蝶々の窓などなど、みんな工夫をこらしていきます。

umi3.jpg
建物の中にエレベーターを作る!と、どうやら2階建てのようです。

umi5.jpg
umi22.jpg
umi6.jpg
umi134jpg.jpg
想像がどんどん膨らみ・・・煙突、ハシゴやスロープ、滑り台や階段、ゴンドラ、星、噴水もつけちゃいます。もう夢中です!

完成したら、持参した写真を切り取り、好きな所に配置・・・
umi11.jpg
umi9.jpg
umi17.jpg
umi23.jpg
umi15.jpg
それぞれの作品を並べ、余った紙で作品を連結し完成!



みんなで、何に見えるか、話合いました。
umi7.jpg
「海のお城に見える!」
「変わった村に見える!」
では、題名はどうする?

「海のお城」がいい!

満場一致で決定しました。

最後は講評会・・・いつもは講師がよいところを伝えますが、
今回は子どもたち中心にすすめました。
こども同士気づきあい、褒めあい、完成を喜びました。
umi8.jpg
講師が気付かなかったところも、子どもたちは良く見て伝え合いしてくれて嬉しかったです。


講師の感想・・・
お友達が工夫しているのに、刺激をうけて、マネをしながらも自分らしく発展させていったり、
構造物の中に、階段やエレベーター、外にはオリジナルのマークなど、
それぞれがこだわりを持って、工夫しながら制作してくれていました。
どんなものを作るかわからずに持ってきた写真が、偶然性をよび、
遊んだり、隠れたり、また面白い作品へと発展しました。
みんな夢中になり、教室はとても静かでしたね。笑

umi30.jpg

世界でひとつだけのみんなの

「海のお城」

完成しました!



土曜日クラスの模様はコチラ