8kami6.jpg

8月8日(木)子ども20名、大人12名
場所:学校法人鴻池学園第三幼稚園 講堂

幼稚園の子ども達といっしょにアート活動できるのを、私もとても楽しみにしていました!

テーマはこども達と話し合って「街と宇宙」に決定!
ポイントだけ説明をして早速創作に取り組みました。

8kami4.jpg
さてさて、お城と砂場を作りたいな・・・小2女子・年少男児

8kami5.jpg
お城(のちに遊園地)を制作中、共同作業がんばってます 小2・小1・年長女児

8kami7.jpg
迷路作ろうと思ってんねん! 小2男子

8kami13.jpg
どこまで自分でできるか挑戦中!!! 小1・年少男児

8kami8.jpg
素敵なお城を作ってみたいな・・・ 小2・年長女児


年少さんから卒園児の小学生まで、年齢に関係なく
それぞれがよく考えて、工夫しながら街や宇宙の中にストーリを入れて表現していました。

8kami21.jpg
タンポポを作ったよ、高さの違う花びらも、葉っぱも葉脈もあるの♪ 年少女児

8kami17.jpg
クリスマスツリーができたから、「たちいりきんし クリスマスツリー」と文字を配置中 小1男子

8kami14.jpg
星とお月さまの隣には、大きな大きな太陽が光ってるの 年長女児

8kami23.jpg
ここはピラミッドの街・・・兄妹合わせて20個以上のピラミッドが完成したよ! 年長男児・年少女児

8kami9.jpg
ここは遊園地、そしてジェットコースター、ここはお城、ディズニーランドみたい♪ 小2女子・年少男児

8kami28.jpg
迷路が完成!隣の高い展望台から迷路を監視するんだ!迷ってる子はいるかなーって 小2男子 

8kami24.jpg
鬼ロケット完成!煙もブフォーーーーーンと吹いているよ! 小1・年少男児

8kami22.jpg
たくさんのマンションの後ろに、高い高いロケットができたぞぉー!ヤッター!!! 年中男児

8kami18.jpg
8kami20.jpg
8kami1.jpg
8kami2.jpg

こうして、みんなの「おはなしの世界~街と宇宙編」が完成!!!

そしておなじみの
作品の説明と、良いところを気づきあう講評会・・・
8kami25.jpg
ここがスペースシャトルの基地でここがロケット、そしてここが渡り廊下で、人がここを歩いている・・・
「うちゅうにいくぞ!」と文字も紙コップで! 小2・年長男児
8kami26.jpg
みんな真剣な眼差しでお友達の作品を鑑賞しあっていました。



「これできないんやったら、こうしたらいいんちゃう?」
と、子ども同士や保護者とよく相談しながら創作している姿が印象的でした。
作品に意味やストーリを沢山ちりばめているところも、とても面白かったです。

アート活動しながら、こども達と軽快な言葉のキャッチボールができる!
全員が目を見てお話しを真剣に聞いてくれていたこと、
さすが鴻池幼稚園の園児・卒園児さん!と。

そして紙コップアートは
年齢に関係なく、表現の幅が未知数である!!!というところを改めて感じ、
とても感動しました。

貴重な場所をお貸し下さった鴻池第三幼稚園様!
そしてご参加ご協力頂いたすべての皆様!!!
本当にありがとうございました!!!



これで全4回のコロコロクラブ主催2013年度夏のワークショップは無事終了致しました。
合計83名のこども達にご参加頂き、本当に嬉しく思っております。
アンケートでは・・・
①木のカケラ達と遊ぼう!
「木だけで本当にこども達、上手にアートできるのがとっても感動しました。工夫がいっぱいですごいです!」
「のりやボンドを使わないことにとても感動しました。子ども達の発想力すごく刺激になりました。何でもなければすぐ手に入る日常を改めて考えさせられました。」
②1万個の紙コップアート
「子ども達の想像豊かな表現にびっくりしました。真剣な表情や素敵な笑顔をみることができ、私自身も癒されました。」
「とても楽しかったです。子どもの行動を見ながら、私自身も学ぶことが出来ました。」

その他、図工が苦手と言っていたけど今日は楽しく活動できた、など聞くと、
自由な気持ちで過ごして頂けたのかなーと・・・

作品を完成させるのが目的ではなく、そのプロセスに得られる
「工夫・考える・頑張り」そして、こども自らの「気づき」が大切なこと。
物や人にすぐ頼るのではなく、柔軟な心で色んなことを良く見て、取り組んで欲しい。

そういう講師の思いが少しでも伝わっていたら、嬉しく思います。

来年も何か楽しいアート活動を企画しますので、皆さま是非ご参加くださいね!
今後とも、子ども達と共に歩むコロコロクラブキッズアートスクールを
よろしくお願い致します!


PS.この度は沢山のワークショップのお申込みを頂きましたが、すべての方のご要望にお応えできず、申し訳ございませんでした。お申込みのお返事は、定員に達した締切後も100%返信またはお電話しておりますが、お申込みメール自体がこちらに届いていない状況などもございました。今後、改善策を考えさせて頂きます。この場をかりてお詫び申し上げます。